40歳超えたら放置厳禁!

ヨガインストラクターのNahokoです。

浅草のお寺「寿仙院」さんにて、ヨガクラスを開催しています。

最近、シニアヨガの代行の依頼が2件も入りました。

『90歳のおじいちゃんのプライベートレッスンを

週2回・引き継いでもらえないかな?』

『体がカチカチな方のシニアのグループクラスで、

月1回でも良いのだけど入ってもらえないかな?』

私も今、ヨガの活動が週7になる事もある状況なので

申し訳なくお断りしましたが、先日イントラ友達からのSOSで

体がカチカチな方のシニアグループの代行に行ってきてました。

背中が鉄板のようにバキバキ・・・

鉄板のように背中が固すぎる60後半〜70代の男性陣!

楽しそうに動いてくれて背中が楽になってスッキリしたと。

クラス後はこんな会話が飛び交いました。

『昔は、体が柔らかく喧嘩をしても、軽く投げ飛ばしていた』

『若い頃は空手を習っていて足は肩の方まで蹴り上げられていた』

『30代の頃は、身体も良く動いてゴルフにもよく行って楽しかった』

いつから、そんなに固くなってしまったのでしょう?

背中は鉄板のように固く、関節は曲がらず・・・

ふと、想像したのですが、

先月の私の恐ろしいパソコン作業量・・・

何時間もの同一姿勢。

こんなのずっと続ければ、それは首も肩も背骨も固く

痛みも出てくるわけです。

私もちゃんと練習をしないとあっという間にと思ったのです。

初めから固いわけではなく

固くなり痛みが出る原因のプロセスが絶対にあるのです。

歩いてます、走っています、運動しています・・

私の父は、健康的に何十年も前から、

朝から走っていて、卓球クラブにも入り運動もしています。

残念なことに、膝も悪くあちこち痛みが出ています。

朝から歩いている、走っている、運動しているからと言って

健康とは限りません。

父の運動後、走った後のストレッチは30秒くらい。

(これは酷いと思い・・縮んだ筋肉を伸ばすメンテナンスを伝えました 💦)

同じ運動をしている限り、同じ筋肉ばかり使うので

その形で固定されます。

そして縮んだ筋肉を放置しすぎていると、

父のように痛みとなり不具合が出てくる可能性もあるのです。

  • 同じ方向ばかりの動きもダメ
  • 伸ばすだけでもダメ
  • 鍛えるだけでもダメ

お寺のストレッチやヨガは、できる限りあらゆる方向への

アプローチを心がけ、上記のような偏りがないようにしています。

今の自分が将来を作る

やらなければ!と思った時には

すでに身体もカッチコチになっている可能性も。

1日、1日のスピードが早く、老いも早い。

けれど、メンテンスをしていけば実年齢より若くなれます。

やがて元に戻らなくなる前に、今からできる事を少しずつ!

現時点で、今週の木曜日・土曜日は満員に近い状態です。

(日曜日はIPPONBLADEのワークショップの為、休講です)

土曜日は、8:30-9:30に加え、9:40-10:40を増設するか検討中です。

もし、初めてのご参加で迷っている方は、

是非9:40スタートにお越しください。詳しくはお問い合わせ下さい。

↓↓↓